いくらまで借りれる?バイトやパート勤務で2社目の借入をした場合

バイト・パート勤務の2社目借入に関してはバイトもパートも月収によります。
2010年6月から、総量規制が導入されましたから、あくまでも年収の3分1と言う事になります。

 

毎月10万円の収入があるのなら、10万×12か月=120万円÷3=40万円。

 

これが、総量規制の計算式です。
40万円までが月収10万円ある人の場合は借りる事が出来ると言う事になります。

 

あくまでも机上の計算ではありますが、総量規制にあてはめるとこうなります。
バイトもパートも同じです、バイトは大学生が多いですかね。

 

パートは主婦の方が大半ですね。
月収10万円と言うラインは税金が発生するギリギリのラインですね。

 

2社目の借入は、これも消費者金融だとすると、総量規制が適用されます。
総量規制対象外の銀行系カードローンだと、金額が消費者金融と異なってきます。

 

一撃で30万円借りられるかも知れません。
これは属性の良いお仕事をしている場合ですね。

 

スーパー勤務で十分です。これ位が一番いいラインです。

 

借入は慎重に

幾ら2社目の借入が可能だとしてもここは慎重に事を運びたい所ですね。

 

借金は必ず返済する訳ですから、仮に銀行系カードローンで少し大きめの金額を借りる事が出来たとしても、手放しで喜ぶ訳にはいきません。

 

結局お金を借りるのはいいですが、借りた金額が多くなるにつれて、返済金額は毎月上がっていきます。
そこに十分耐えられるのであれば問題はありませんが、なんだか厳しくなってきたなでは、駄目なのです。

 

ここはしっかりと、返済が出来る土台がないといけません。
バイト・パート勤務の2社目借入に関しては意見が分かれる所です。

 

この2社目が何処からから借りるかによって全く状況が違ってきます。
バイト・パートで2社目が闇金の人はいないと思います。

 

但し2社が限度でしょう。これ以上借りると完全にデットラインになりますね。

 

本当は2社目は借りて欲しくないのが本音ではありますが、皆さん色々事情があるでしょうから、借りる必要があるのであれば返済計画を立てた上で審査に挑むべきです。

 

誰でもお金借りれる消費者金融WEB トップページに戻る